「死にたい」を「生きたい」に変える秘訣

こんにちは、こころ回復セラピストのけいこです。



息をしているだけで精一杯なあなたへ

8cd843b32bf7f8fe3a30c404166490c1_s.jpg


死にたいを
生きたいに変える秘訣


についてお話します

332dbedb168362eb221d4b485fca11f4_s.jpg

胸のあたりがいつも重い。

何かをする意欲もない

自分にできる気がしない

何もかもいやになる



そんな日々は苦しいですよね。



やっぱり、もっとラクにいきたいですよね?



そこで


そんな気分を
上向きに持って行くための秘訣


一つお伝えします。



それは


「考え方のくせ」を見直すこと



とはいっても
あなたの考え方が悪いと
言っているわけではありません。




言ってみれば、

死にたいほど苦しくなっている時は


他に選択肢が見えなくなっている
状態


とも言えるのです。



そこで、


選択肢や広げるために
「考え方のくせ」に気づいて修正する
というわけです。




人は、選択肢が増えただけでも
7割ホッとする


という研究もあるくらいで


死にたいを生きたいにする秘訣も
そこにあります。



専門的には


「認知の歪み」に気づいて

まずはありのままを認めた上で
修正するところは修正する


と言います。



これは、臨床現場でも


抑うつ状態がひどい方に
効果的だということが
わかっています。




では逆に、、、



「認知の歪み」を知らないと
 どうなるのか?




それが結構深刻だったりします。



たかが物の見方
されど物の見方


こんなケースがあります。


私の古くからの知人ですが


彼女の口癖は


完璧じゃないとやる意味がない



でした。



彼女は御年70歳ですが
若い頃から完璧主義で

家事も育児も
自分なりに完璧でないと気が済まないたち。

周りをコントロールしてでも
彼女なりの完璧を目指すために
全力を尽くしてきました。




で、彼女はどうなったか。。。




若い頃から彼女はずっと病気です。




で、もうお分かりだと思いますが、


彼女の病気は、その偏った考え方
(極端な完璧主義)と関係している


ことが最近の研究で
明らかになってきています。
(*それだけが原因と言うわけでは
 ありません)






たかが物の見方、されど物の見方
偏りを放置すると
命を縮ませかねないと言うことです。



1da63c339f30df64aad9c75f46c63f17_s.jpg

わたし、けいこも
そんなアプローチを
提供しています!



死にたくなるけど死ぬ勇気はない

生きているだけでしんどい

理由なくイライラする

身体の具合がいつも悪い

自分の人生を歩んでいる気がしない



そんなあなたのお不安を
安心に変えます!


「自分のくせを知っただけで軽くなった」
(20代女性)
「具体的解決策がわかってホッとした」
(30代女性)


おかげさまで、
こんなお声をいただいています。



特徴は
じっくりお話を伺いながら
クライアントさんと一緒にメニューを
組み立てる点です。


まずはどんなものか試してみたい方は



こちらのお試しカウンセリングから
お申し込みください。


(電話セッションの体験者の声↓)
〈お知らせ〉

わだかまりを解放して
本当の自分に生まれ変りたい方

メルマガ 無料 いつでも解除可 のご案内)

カウンセリング
(電話相談60分7500円~、月単位契約など
 個別メニューを組み立てます)


グループセラピー

〈合わせて読みたい関連記事〉












夫婦の不和 罪悪感背負い込みすぎなくていい





この記事へのコメント